FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DEATH NOTEアニメ第19話 「松田」 



DEATH NOTE(引用元:Wikipedia)
『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作・大場つぐみ、作画・小畑健のサイコサスペンス漫画である。2003年12月から2006年5月まで、「週刊少年ジャンプ」(2004年1号 - 2006年24号)に連載された。

また、これを原作とする実写映画、小説、アニメ、ゲーム作品、および作中に登場する架空のノートを指す場合もある。


概要
2003年8月に、「週刊少年ジャンプ」へ掲載された読み切り漫画が元になっている。 名前を書かれた人間は死んでしまうという死神のノート「デスノート」を偶然手に入れ、それを使って犯罪者を次々と粛正していく主人公・夜神月(やがみ ライト)と、大量殺人犯として月を追う名探偵・L (エル)との闘いを描いた物語である。

単行本は初版100万部(漫画単行本最速記録)の売り上げを記録している。2004年の売り上げは、発売から1年目で年間ベスト10に入った。また、12巻までの累計発行部数は2500万部を突破した。


特徴
この作品の特徴は、「週刊少年ジャンプ」に掲載されている作品の多くが最大のテーマとして扱っている「ジャンプ三原則」の「友情・努力・勝利」という三大義を、非常に歪んだ形で表現していると評価されることである。

「友情を犠牲にしてでも、努力していかに相手を出し抜き勝利するか」という物語性から、「週刊少年ジャンプ」にふさわしくないとの意見が一部から寄せられていたという。[要出典]努力があるかどうかも賛否はある(一応、作者両氏は努力もあるとコメントしている)。


作風
作品の中には、裏の裏の裏を読むといった「知能戦」や「心理戦」が中心にある。これに類する他作品としては、『ジョジョの奇妙な冒険』、『遊戯王』などが挙げられる。手法としてはミステリなどで使われる一種の倒叙の形式になっており、夜神月とそれを追うL、メロ、ニアが互いを追いつめる要素がこの作品の見所の一つといえる。また、テンポを重視され、ドラマやメッセージ性は意図的に極力削ぎ落とされている。


注目点
ストーリーにおいて特筆すべきは、主人公が犯罪者であり、悪役の視点で物語が進行している点である。ただし、最終回では彼が必ずしも悪かどうかは断定せず、正義とは何か、という謎を読者に問いかける形で終っている。 さらに重要なのは、大量殺人者であるキラが、「神にも救世主にもなりうる」ということである。月は私利私欲のためにデスノートを使うことはなく、犯罪者を裁くために使用しており、それゆえキラの存在を単純に「悪」と言い切るのは難しい。死刑制度や犯罪被害者の今後のあり方、刑罰の厳罰化など、今日の社会が持つ闇の部分にスポットを当てた作品とも言える。月や魅上は世間一般の感覚からすれば、善人の部類に入ると考えられる人間だが、デスノートの力を手にすることによって、いとも簡単に大量殺人に手を染め、それを正当化してしまう人間の心の闇もまた描かれている。絶対的正義の否定や法律の存在意義を暗に考えさせる部分もみられ、映画版においては法律を独善の対極にある存在として描かれている。このことから、異色作と評価されることが多い(ただし、作品終了後のインタビューでは作者である大場つぐみ・小畑健両人は善悪論をテーマとは考えておらず、各読者が個人で考えるべき事という要旨の発言をしており、両氏とも個人的な考えでは月を悪だと言い切っている)。

また、探偵側・犯罪者側のどちらも、一般人の常識に捉われておらず、ただ自己の信念のために戦っている。際立ったカリスマ同士のバトルであることも、本作の大きな特徴といえる。


問題点
中国・遼寧省瀋陽市で、この漫画の通り、死のルールなど本作品の設定を再現して作られた『DEATH NOTE 死亡筆記』という普通のノートが文房具店などで発売されたことがある。

このノートが話題となり、主にこれを購入した漫画読者などが、ストレス解消などの理由で、漫画の設定をまねて「気に入らない人の名前」を書き込んだ。そのことが、中国国内で社会問題になった。

興味本位で「デスノート」という設定をまね、死を「スリルのある遊び」として扱ったなどとされた。中国や、その他海外の人々から、そのノートよりも『DEATH NOTE』という作品そのものが批判の対象になった。なお、この事件はインターネットのウェブサイトなどを介して知られ、日本の『DEATH NOTE』読者の間でも話題になったが、結局はさほど問題視はされなかった。

それは問題のノートが中国製の海賊版商品だったためである。近年、海賊版について問題となっていることで、作品の問題性よりも日本では前者の方が重視された。また、国内で流れた情報が少なかったために、「デスノート」が実際に商品として発売された、というあまり具体性のない個所のみが注目されたためと思われる。なお、日本でもUFOキャッチャーの景品などとしてレプリカのメモ帳・ノート等が入手できるが、これは情報が少なすぎることと、前記の事件ほど堂々と販売されている訳ではないため、現在のところ特に問題は発生していない。


大場つぐみの正体
ネット上では、大場の正体を巡って様々な議論が行われており、「全くの新人ではなく過去に実績のあったベテラン漫画家や小説家の別名である」等といった推論がまことしやかに飛び交っている(ガモウひろし説、乙一説、清涼院流水説、宮部みゆき説など。ただし宮部本人は公式HPでその可能性を否定。)。しかしながら、一方ではサブカル雑誌「QJ」(太田出版)のように「全くの新人」とする説も存在する。

このような噂が飛び交う中、2006年5月ABCラジオ『誠のサイキック青年団』(集英社もスポンサーとして参加)内において、「DEATH NOTE」の映画化に絡めた作品紹介がなされた際、出演者で作家の竹内義和は大場の正体に関して、「正体はかなりベテランの大物作家である」、更に「ジャンプ編集部内においてもトップシークレットであり関係者でも真相を知るものは少ない」と語っている。

竹内も名前までは聞かなかったと語っている為、100%真実であるとは断言できないが、同番組のスポンサーの一つが集英社である事、関係者筋からの直情報である事等を考えると、信憑性は高いと思われる。

こち亀にこのエピソードを知ってか知らずか、新人作家であるにもかかわらず大人気漫画を描いている作者の正体が一切不明という似たような話が掲載される。


ガモウひろし説
以上のようなベテラン作家説の最有力候補とされているのは、過去「週刊少年ジャンプ」で『とっても!ラッキーマン』等を連載していた事で知られる漫画家ガモウひろしである。その根拠としては、以下のような理由からである。

2005年1月に開催された第4回日本オタク大賞にて、ノンフィクション作家岡田斗司夫と漫画原作者鶴岡法斎から名指しでの証言がなされた。また2006年6月には木多康昭が早稲田大学で行われたトークライブで、ガモウひろしについての質問に対して「大場つぐみさんですね」と発言している。(ただし、どの人物も発言の根拠や情報元等を示した事がない為、全て真偽不明)。
『DEATH NOTE』の第1話において、主人公「夜神月(やがみライト)」が通っている塾が「蒲生(がもう)ゼミナール」となっている他、作中表現に同氏の表現特性が見受けられる。
週刊少年ジャンプ内の漫画掲載順が基本的に読者の人気アンケート順であり、後続ほど人気が少なく「×組(バツぐみ)」と一部の関係者から言われており、自身の過去の連載経験から自虐的にペンネームを「大×組→大場つぐみ」としたのではないか(大×組はガモウの同人サークルの名前だったという説もある)。
ガモウひろしにはミステリー系の漫画作品『僕は少年探偵ダン♪♪』を描いていた経緯がある。

DEATH NOTE 2
DEATH NOTE 2大場つぐみ 小畑健 宮野真守

おすすめ平均
starsお〜動いてる
stars特典
stars面白かった。
starsライトのフィギュアについて
stars今回のフィギュアは女性の方が喜ぶかな?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


声優
夜神月:宮野真守
L:山口勝平
弥海砂:平野綾
夜神総一郎:内田直哉
松田桃太:内藤玲
相沢周市:藤原啓治
模木完造:中井和哉
伊出英基、レイ・ペンバー:石川英郎
宇生田広数:木内秀信
夜神幸子:さとうあい
夜神粧裕:工藤晴香
ワタリ:小林清志
リューク:中村獅童
レム:斉藤貴美子
南空ナオミ:松井菜桜子
出目川仁:茶風林
高田清美:岡村麻純
アイバー:桐本琢也
ウエディ:長沢美樹
尾々井剛:梁田清之
樹多正彦:相沢正輝
紙村英:横尾博之
鷹橋鋭一:西凛太郎
奈南川零司:野島裕史
三堂芯吾:花輪英司
火口卿介:二又一成
葉鳥新義、リンド=L=テイラー:徳本恭敏
北村是良:池田勝
渋井丸拓男(シブタク):西村朋紘
恐田奇一郎:宝亀克寿
ジェラス:松山ケンイチ(特別出演)

【続きを読む】
[ 2007/02/22 07:57 ] 3分以上 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。