FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

松浦亜弥 胸ちら、ブラチラ・・・見えすぎだよこれ!(うたばん) 



松浦亜弥 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松浦 亜弥(まつうら あや、1986年6月25日 - )は、日本の女性アイドル、歌手、女優、タレント。ハロー!プロジェクトの一員でアップフロントエージェンシーに所属。兵庫県姫路市出身。血液型B型。「あやや」の愛称で親しまれる。 趣味はネイルアート、ゲーム。特技はテニス。


人物
3人姉妹の長女である。
愛称は、飯田圭織がテレビ東京の音楽番組『MUSIX!』にて命名した。モーニング娘。の曲「恋のダンスサイト」の一節「アイヤイヤー」が「あやや」と聞こえる所から来ている。
小林麻耶が「まやや」と呼ばれている事に関しては、松浦曰く「嬉しかった」との事。
里田まい、柴田あゆみ、大谷雅恵らは「松つん」と呼ぶ。
「後浦なつみ」でユニットを組んでいた安倍なつみと後藤真希は「まっつー」と呼ぶ。
キャッチコピーは「ホットでクールなハリウッド(当初は新世代)セニョリータ、松浦亜弥です」(2005年に松浦亜弥のオールナイトニッポンで決定)。
物真似芸の格好の題材として「あやや」が良く使われる様になった。石橋貴明、中居正広、はしのえみ、前田健など。
物真似をされる時、「たやや」(石橋貴明)、「まやや」(中居正広)等と、愛称も真似られる事が多い。本人は特に気にしていない様子で産経新聞ぴいぷるの記事によると前田健があややと初対面の際、土下座して謝ったが「とんでもない、いつも楽しく拝見しています」と答えてCMで競演した。ZAKZAKぴいぷる前田健の記事
AYAYA(呼称アヤヤ)が、株式会社アップフロントグループの商標として2006年に出願中(出願番号:商願2006-26123)。
視力が悪くコンタクトレンズを使用している。
靴下は主にオーバーニーソックスを着用する時が多い。色は白か黒。
身長は157センチ。
藤本美貴とは藤本のデビュー当時からの付き合いで、自他共に認める大親友という間柄である。また、三人祭で一緒だった石川梨華や同い年でメジャーデビュー時期が近い高橋愛らと仲良しである。
BoA、倖田來未、女優のサエコ(初の主演連続ドラマ愛情イッポン!で共演)、モデルの山田優と仲が良い。
大人向けの音楽番組とされる「僕らの音楽-OUR MUSIC-」、「夢・音楽館」、「NHK歌謡コンサート」にハロプロから唯一出演した様に、業界やハロプロファンから歌唱力が評価されている。
物真似芸や紹介BGMに使用される事から、代表曲は「♡桃色片想い♡」と「Yeah! めっちゃホリディ」が挙げられる。
プロ野球西武ライオンズの藤原虹気投手は中学時代の同級生である。
自分の事が大好きと公言。カラオケでは自分の曲をよく歌う。また、お風呂の鏡などに映った自分の姿にうっとりしてしまい、2~3時間眺めてしまうほど、自分の顔が大好きであるという。
色白。チャームポイントは大きな目と瞳、唇のホクロ。ただし後者に関しては「青海苔がついているみたいで嫌だった」と語っている。
あるライブ会場で、「自分を動物にたとえると、猿」と言っている。
スカルプチャー(人工爪)が欠かせないと雑誌で語っている。藤本美貴と共に、シンプルなデザイン等のフレンチスカルプや透明ベース等の物が多く見受けられるが、松浦の場合、何処かの指に豪華一点主義を付け加えるのが好みの様だ。最近は薬指のみに大きいストーンとネイルピアスをするのがマイブームの様である。
機械オンチであることを2006年9月27日放送の笑っていいとも・テレフォンショッキングにて語った。
地元民でありながら、姫路城にのぼったことがまだない。
ルミネのイメージモデルとしてポスターを飾る。
矢沢永吉の大ファンでもあり、矢沢永吉の武道館ライブに毎年足を運んでいる。

スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズ・エディション (数量限定生産)
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ コレクターズ・エディション (数量限定生産)松浦亜弥 和田慎二 深作健太

おすすめ平均
stars演者は良かった!
starsあややと岡田唯がいいです
stars祝!復活!!ですが・・・。
starsファンだからDVDは買います。でも……。
stars予想以上に良かったかと

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うたばん 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
うたばんは1996年10月15日からTBSで放送されている音楽バラエティ番組。名は「歌番組(うたばんぐみ)」の略からきている。2時間特別番組の際には番組名が「とくばん」になる。


特徴
2006年10月に放送11年目に突入した長寿番組でありファンも多い。各方面からも賛否両論の音楽番組ではあるが、昭和の香りを漂わせる唯一の番組でもある。『ザ・ベストテン』や『ヤンヤン歌うスタジオ』のようなアーティストを芸人ばりに弄る番組は昨今観られなかったため画期的な番組でもある。うたばんの放送400回を記念した『ザテレビジョン』の特集では、「音楽番組界の大ベテランにして異端児」と評された。

トーク部分はあまり他では見られないテイストの内容で展開されることが多い。番組中に視聴者に見える形で台本を読んだりするのもそのうちの一つであるが、上記にも書かれているアーティストへの弄りはこの番組を代表する要素である。

また、出演者がこの番組で気に入った内容を、他の番組に出演したときに使用することも多い。詳細は下記を参照。

見た目上の特徴としては、数あるテレビ番組の中でも非常に凝ったCG演出を多用しており、字幕テロップにも独特の効果をつけていることが挙げられる。

歌披露部分はトーク部分との統一性はあまり見られないもののセットなどが凝っていることが多いのが特徴といえる。また、たまにCG演出や風変わりな演出方法なども用いられる。


概説
司会は初回からとんねるずの石橋貴明とSMAPの中居正広が担当している。実は当初は前枠「ねる様の踏み絵」「とんねるずのカバチ!」に引き続きとんねるずの司会の予定だったが、相方の木梨憲武は以後野猿として出演する前まではTBSの番組には出演しなかった(木梨は、深夜枠・単独MCで「ゲンセキ」や「10カラット」に出演していた。
開始当初は火曜日21:00~21:54の放送だったが、1999年4月15日からTBSの火曜夜9時の「うたばん」枠と旧水曜夜7時枠、毎日放送の旧木曜夜8時枠の3枠が入れ替わり、木曜日20:00~20:54(TBS、MRO、RSKは現在は19:54から)に移動した。
出演者の名前のテロップ、番組のロゴは当初から使用されている。
オープニングアニメーションが当初は毎週のように出ていたが、最近では、中居が「さぁ、それではゲストをご紹介しましょう。」の一言で始まることが多く、OPアニメーションが流れる回数が少なくなった。
1999年9月~2005年9月の「とくばん」(放送時間は18:55~20:54)の場合、CBCテレビや毎日放送テレビ、RCCテレビ、RKBテレビなど、JNN系列局の一部では自社制作番組または他系列の番組を18:55~20:00に編成する関係上、1時間の編集版に縮小され20:00~20:54に放映されている。
地上デジタルテレビジョン放送でのハイビジョン放送(画面サイズが16:9)は行なわれていない(音楽制作者連盟と著作権・肖像権の問題で折り合いが付いていないため)。ただ地上デジタルで見ると左右は黒くカットされているものの、ハイビジョン番組のような繊細な画質となっている。
オープニングで中居が「さっ、今週もうたばんの時間がやってまいりました」と言っている。モーニング娘。の出演が多くなり始めた2000年ごろからはあまり言わなくなってきたが、2006年2月ごろからは再び言うようになった。
同様にエンディングでは中居の「さようなり~」という一言が毎週あったが最近はほぼ言わなくなった。2006年に安住紳一郎アナウンサーが中居の代理で出演した際、エンディングで(ネタとして)これを言っていた。
テーマ音楽として使われているのは、ナンシー・シナトラの「These Boots Were Made For Walkin'(にくい貴方)」のコーダ(後奏)部分をテープ編集したもの。
『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のような「本格的音楽番組」とは一線を画しており、ゲストとのトークが中心である。ゲストの歌披露は平均3~4曲(最近の傾向としては平均2~3曲)、。
他の音楽番組と違う点としては、例えばフジの『HEY-』がメジャーアーティスト中心の出演なのに対して、「うたばん」では、あまりテレビ音楽番組に出演しない珍しい類のアーティスト、バンドが出演することが多い。特に犬神サーカス団(中居は、このバンドに対して、「HEY!HEY!HEY!に出て欲しい」と言った事がある)や矢野絢子など当時まだメジャーデビュー前で一般的に無名のアーティストも出演したことがある。また、2003年秋頃からはお笑い芸人の出演する傾向が強く、安田大サーカス、長井秀和、カンニング、劇団ひとり、友近などが出演している。また、「ねたばん」と名を変えお笑い番組として放送するという、とても音楽番組とは言いがたい内容をしたとんでもない回もある。
当初は、HEY!HEY!HEY!にもうたばんにも両方出演するアーティストの場合、番組ごとにトークの内容を変えたりする等、双方の番組に対する配慮も見えた。
一時期「うたまるくん」というアニメも放送されていた。アニメーション制作はタツノコプロが担当。
一時期は毎週のようにモーニング娘。が出演。この番組のおかげで、彼女達は個人の名前と顔が有名になり、現在の隆盛につながった。
2003年7月3日は、プロ野球中継(広島-巨人戦)が組まれていたが雨天中止となり、うたばんを放送。冒頭で「広島-巨人」戦の中止によるお知らせ、提供クレジットのバックで広島風お好み焼きの作り方などを流した。
内容は時間の関係で放送されなかった綾小路きみまろの漫談のほか、古谷英一扮するニセ綾小路きみまろならぬ「綾小路うたまろ」の漫談や翌週(7月10日)に放送する予定だったV6と安倍麻美の歌(翌週にも放送されており2週放送したのは異例のことだった)などを放送した。
2003年には、桑田佳祐が、番組のゲームに敗れた「罰ゲーム」で、番組のオープニング曲「経験II」を製作。だが、歌詞が午後8時(JST)の放送にはふさわしくない性的で過激な内容のため、半年ぐらいで放送されなくなった(もともと桑田は、それを狙って作ったらしい)。ちなみに、この曲はサザンオールスターズの「涙の海で抱かれたい~SEA OF LOVE~」c/wとして発売もされている。
最近では「うたばんスター誕生」という企画もある。
杉田かおるがかつてのヒット曲『鳥の詩』をCDとして再発売し、友近も井上陽水のカバー曲「Tokyo」で歌手デビューしている。2005年6月16日放送で南野陽子が『吐息でネット』をCD化することが決定した。
2004年は韓流ブームに乗っかりパク・ヨンハを毎週のように出演させたが、それ以外の韓流スター出演はほぼ皆無(2006年11月現在)。
2004年6月24日、この「うたばん」放送で地方発のアーティストの発掘にも挑戦。
北海道の人気タレント大泉洋がスターダストレビューと組んで登場し「本日のスープ」を熱唱。また広島からはRCCテレビの人気番組「KEN-JIN」から誕生した「KEN-JIN BAND」(元猿岩石の有吉弘行、劇団ひとり、中国放送・横山雄二アナウンサー)が登場。横山アナはスタジオで数々の秘密を暴露されている。
年末年始編成や春秋の改編期の「とくばん」は火曜9時枠時代は生放送が多く、東京ベイNKホールからの生放送もあった。最近では2003年12月18日の回まで通常スタイルの放送をとってたが、2004年4月8日の回から「トーク総集編」が中心の内容に変わった。
ここ最近、TOKIOは、スペシャルライブ形式のみしか登場していない(1999年7月1日放送分の出演を最後に)。
2006年6月22日(ゲストの森昌子登場時のみ)、6月29日OAの回では中居が流行性角結膜炎で欠席した為TBSアナウンサーの安住紳一郎がピンチヒッターとして急遽出演した(あくまでピンチヒッターのためか、出演者クレジットはMC 安住紳一郎ではなく、ただの安住紳一郎だった)。
2004年以降は通常のセットをあえて使わず、わざわざ専用セットを作って番組をやる時が多くなった。
女性ユニットや男性アイドルなどの出演時には、「トータライザー」が恒例となっている。
2006年2月2日の放送で400回を記念した。
司会の中居が所属するジャニーズ事務所のタレントは大概出ているが、関ジャニ∞だけは1度も出演していない。また、ジャニーズ事務所のタレントでも曲を出せば必ず出演するというわけではなく出演回数はまちまちである。これはSMAPのメンバーであれ関係ないようで香取慎吾が「慎吾ママ」は歌のみの出演。同じく香取扮する「はっとりくん」に限っては一切出演しなかった。

【続きを読む】
[ 2007/02/22 19:15 ] 30秒未満 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。