FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

インリンが紅色奴隷と化し命令されて全裸に!国内発禁! 



インリン・オブ・ジョイトイ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インリン・オブ・ジョイトイ(Yinling of Joytoy, 垠凌, 本名 顔 垠凌=イェン・インリン、Yan Yinling, 1978年2月15日生まれ。 台湾の台北出身(所属事務所は「中国人」と表記している)で、現在は主に日本において活動するタレント、グラビアアイドル、歌手、女優。

「インリン」は本名の一部である。「ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日」に登場する銀鈴の中国語読みから付けられたとの説もあるが、俗説に過ぎない。


経歴
実家は写真館を経営していたが、10歳の時、日本に移住する。「エロテロリスト」を自称する。セミヌードであるが、写真集等での過激な衣装やM字開脚が話題となる。
一時、吉岡美穂や榎木らんの3人で「ミイラン」(ミ=美穂、イ=インリン、ラン=榎木らん)という期間限定ユニットを組んでいた。
2004年頃からテレビのバラエティ番組に多数出演するようになった。ジョイトイとしては平和主義・戦う女を前面に出した作品が多いが、インリンが単独でマスメディアに出演するにあたっては「大胆なセクシーポーズも取るバラエティアイドル」的なポジションで振る舞うことがほとんど。現在のファン層は10〜20代の女性が主流。
ジョイトイの平和主義的信条から、フジサンケイグループのメディアでは原則として仕事をしないことを表明していた(参考:『「ミイラン」問題の概要』)。だが、2005年春ごろから規制をゆるめたらしく、フジテレビ系『ココリコミラクルタイプSP』(2005年3月30日、2006年1月1日)、『森田一義アワー 笑っていいとも!』(2005年4月26日、7月19日、12月8日、)、『空飛ぶグータン~自分探しバラエティ~』(2005年5月11日)にゲスト出演している(加えて、後述する『ハッスル』はフジテレビ系列の東海テレビ(ただし、東海テレビは中日新聞グループ)が主催している。事実、『ハッスル』のPRのため、ニッポン放送の『ナインティナインのオールナイトニッポン』に「インリン様」としてゲスト出演している)。また、2005年7月23日に放送されたフジサンケイグループの文化放送『高田純次・河合美智子の東京パラダイス』にもゲスト出演している。それ以前にも『SPA!』(扶桑社)にグラビアや反フジサンケイグループについても語るインタビューが掲載されたことがあるが、この時は例外措置という断りが付記されていた。
アニメ『アークエとガッチンポーてんこもり』では、チェルシー役で声優に挑戦している。
2005年、国際的に活躍する中国系芸術家18人の1人に、アカデミー賞・グラミー賞受賞のタン・ドゥン氏らとともに選ばれ、台湾金門島にて反戦と反差別のためのパフォーマンスを行う。期間中、金門トーチカ芸術館・18の個展にインリン自身によるオブジェと記録映像作品が展示された。


人物
「ジョイトイ」とはКуратанов(クラタノフ: 写真家・作詞作曲家)とインリンが結成したユニットの名前である。つまり、インリン・オブ・ジョイトイとは「ジョイトイプロジェクトの一員であるインリン」という意味。ユニットとしては、独自の世界観を有し、写真・映像や音楽による表現活動を展開する。
イメージDVD作品は、テレビではオンエアできないほどに過激で、パンツの中に手を入れて性器を激しく愛撫しながらのオナニーシーン等、男性には性欲の対象(オナペット)として期待通りのパフォーマンスを見せ、女性には性愛の主導が男だけではないとメッセージを与えてくれる。自ら「エロテロリスト」を称しているもののそれは逆説的なパロディであり、本人は礼儀正しく常識的で、年齢の離れたうつみ宮土理との親交もあり、うつみの主催する「生け花会」によく参加しており、常連でもある。
着衣でのM字開脚は有名。しかし最近テレビ番組で体が硬く、実は苦労していることを告白した。
普段よく聴く音楽は、Kiroroである(「明石家さんちゃんねる」より)。

愛のエプロンでのエピソード
料理は大の苦手で、出演している「愛のエプロン」では、常に順位が下の方で最下位が多く、その割にはワーストエプロン大賞を取ったことは一回もない。
同番組内では危険な料理を作る事が多く、いつまで経っても料理が上達しないと紹介されたこともあった。
[例]
魚介料理で内臓を取ることを全く知らなかった為、見た目が「グロテスク」である。
番組内で自分が作ったカニクリームコロッケを自分で食べてエチケットタイムになった(= 吐き出した)ことがある。
和田アキ子がインリンの料理を食べて声を枯らしたこともある。
酢豚を作った時には、審査員を全員エチケットタイム行きにしたこともあった。
その上で何がいけなかったのかを全く理解していない。
ただ見た目はグロテスクだが味は悪くないというものを作ったことが数回あった。
プライベートで炊飯器の使い方を知らず、壊してしまったこともあるという。その為、エロテロリストをもじって、「食テロリスト」と呼ばれたこともある。
しかし2006年6月28日放送の愛エプ杯争奪SPの予選で作った海鮮あんかけ炒飯では料理女王杉本彩と2点差(86点)の84点といった上エプクラスの評価を受け、司会の磯野貴理子をはじめとするメンバーを感動させた。本人曰く「お母さんが炒飯を作る姿をいつも見ていた」とのこと。しかし他のメンバーが次々と高得点を出した為、結局予選落ちとなってしまったが総合第5位にランクインするまでとなった。
現在番組が愛のエプロン芸能界料理頂上決戦の予選となり成績が得点制となっているが、2006年10月25日の放送では自身の最高記録である87点という高得点を叩き出したが惜しくも最後に8人中4位という結果で入賞できず、脱落者ルームとなってしまった。
2007年1月17日の放送では自宅のキッチンと冷蔵庫が番組内のVTRで初めて公開された、本人曰く「番組内で「料理が下手」だと散々言われ続けてきたので、みんなを見返してやりたいと言う気持ちで最近は料理を頑張っている。」と語っていた。また番組宛てに来たインリンのファンである小学生の女の子からの手紙が紹介され、それを聞いたインリンはとても感激したと言う。
また最近では「インリンより不味いのは恥である」というのが番組で定説になっていて長瀬智也(TOKIOのメンバー)が自身の作った料理が「インリンより不味い」という評価を下されて凹みリーダーの城島茂から料理指導を受けたという逸話もある。

立ち位置
所属事務所、並びにジョイトイは、フジサンケイグループ(フジテレビ、産経新聞社など)を、歴史教科書問題により軍国主義的とみなし、仕事を原則的に受けず、またその言動は以前からネット上で話題になっていたが、ブログ開設によりインリン本人もブログで同様の考え方で発言している。(インリン・オブ・ジョイトイの日記:S cawaii)政治的発言を行わなかったり、単に前総理大臣小泉純一郎(自民党)を持ち上げる発言をする人が多い[要出典]日本芸能界にあって、この姿勢・立場は比較的露出の多いタレントとしては少数派であり、今までファンでなかった人が注目し始めたケース[要出典]も少なくない。なお、コメントに投稿する際「支那」と書くと検閲に引っかかる。
2006年3月18日、イラク戦争開戦3周年(2006年3月20日)を控え、東京・日比谷野外音楽堂を結集場所として行なわれたデモ「ワールド・ピース・ナウ」にメッセージを寄せ、米国大統領ブッシュの戦争政策とそれに追従する日本政府を批判している。(参考:「ワールド・ピース・ナウ」インリンさんよりいただいたメッセージ)。])。「ワールド・ピース・ナウ(WORLD PEACE NOW)」とは2003年にブッシュ政権によるイラク攻撃に反対するために結成された市民団体・労組・NGOの連合体であり、世界的にイラク反戦運動が高揚した2003年春には最大約5万人が参加した「非暴力」を掲げる反戦運動イベント。公安調査庁の発行する「内外情勢の回顧と展望(平成18年年度版)」によると「(ワールド・ピース・ナウは)過激派が関与する団体や反戦市民団体などで組織(されている)」としているが、「ワールド・ピース・ナウ」の参加構成団体にかつて内ゲバ殺人や爆弾闘争を行ってきた中核派、革マル派、革労協などの左翼政治セクト系列の団体を確認することは出来ない。
掟ポルシェと、とあるイベントで共演した際、「今から登場するオマンコはそんじょそこらのオマンコとは違う!」とインリンを紹介した掟ポルシェの下品な言葉に対し、インリンは楽屋で激怒し、掟はインリン公式ホームページの掲示板で謝罪文を書かされた(現在は削除済み)。このエピソードはロマンポルシェ。のライヴMCで時折聞くことが出来る。ちなみに当日のインリンのパフォーマンスは、自身のバンド「JOYTOY」を従えて赤いビキニ姿で身体をくねらせて唄を歌うものであった。
BUBKA紙上にて「日本軍のコスプレが似合う女優」としてインリンを取り上げた辛酸なめ子に、「中国人であり、反軍国主義を標榜している私に対する侮辱である」と猛烈に抗議。辛酸なめ子はインリン公式ホームページの掲示板で謝罪文を書かされた(現在は削除済み)。
クイック・ジャパン52号に掲載されたインリンと菊地成孔とのデート企画での後記で、菊地がインリンに向けて「アメリカは嫌いだが、プレイメイトは素晴らしいと思っている」というインリンの矛盾を興味深く感じている」と発言したところ、インリンは自身の公式ホームページの掲示板で「アメリカ的生活とアメリカの政策はまったく別。私の発言内容に矛盾はなく、菊地の発言は侮辱」と猛反論。菊地がインリン掲示板で反論の書き込みを行ったため、ネットバトルの様相を呈し、菊地サイドから「webでの論争は不毛。公開論争を行わないか?」との提示があったものの、インリンは拒絶。最終的に菊地が謝罪し、論争は収束した。なお、この件以降、クイック・ジャパンではインリンに関する記事はない。
2006年6月23日、テレビ番組『太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。(NTV系)』にて小泉総理の靖国神社参拝問題に関して不支持を表明し、「東アジアは日本のこの行動に対して好ましく思っていない」といった趣旨の発言を行った。

年齢
1978年2月15日生まれで2006年に28歳となっているが、2000年、K1ガールをしていた頃は、76年生まれになっている。なので2006年で30歳という事になる。普通この場合事務所は全否定するが「78年生まれというのはあくまで営業用のプロフィールです。このことは公式サイトでも報告していて、ファンならみんな知っています」(担当マネージャー)と語って年齢詐称を認めている。公式サイトを見るとプロフィールの欄に注意書きとして「営業年齢設定を継続使用中」と記されている。事務所側は年齢詐称はプロジェクトの一環と発言している。その為「最年長グラビアアイドル」を標榜するほしのあきよりもインリンの方が年上といった説もあるが、ほしのあきにも同様の年齢詐称説があるので、実際はどちらが年上なのか関係者しか分からない。

インリン・オブ・ジョイトイ 非武装地帯インリン・オブ・ジョイトイ 非武装地帯
インリン・オブ・ジョイトイ

インリン・オブ・ジョイトイ写真集「ミールのM」 インリン ~ニカグダ インリン・オブ・ジョイトイ  「ヴァプリキー」 荒木のぞみファースト写真集「ヒップステップジャンプ」 インリン : 紅色奴隷

by G-Tools


格闘技活動
格闘技『ハッスル』の地上波放送で進行役を務めたことが縁で、2004年12月の「ハッスル・ハウス クリスマススペシャル」」(12月24日 後楽園ホール)より、悪役集団「高田モンスター軍」のナンバー2であり、同時に高田アマゾネス軍(モンスター軍の女子部門)のトップであるインリン様として登場。入場テーマ曲はモーリス・ラヴェルの『ボレロ』。2006年4月20日のハッスル16(大阪府立体育会館)からはNEWインリン様、略してニューリン様として、よりパワーアップしたキャラクターで参戦中。


インリン様
インリン様はM字ビターン(M字開脚による洗脳)のスキルはきわめて高いものの、格闘技のスキルが無いために、「体の一部」として鞭の使用が許可されている。ハッスル7(2005年2月11日 愛知県体育館)で、6人タッグマッチながら小川直也との異色の対決が実現、デビュー戦にして小川からM字固めでピンフォールを奪って勝利した。同年7月のハッスル11(7月15日 大阪府立体育会館)では川田利明ともタッグマッチで戦い、こちらはM字固めを回転エビ固めで返されピンフォールを奪われたものの、直前に投げ放った「体の一部である鞭がロープにかかっていた」として奇跡的なロープブレイク・無効試合の裁定が下っている。その後、「ハッスル・マニア2005」(11月3日 横浜アリーナ)ではレイザーラモンHGとの6人タッグマッチが組まれた。結果はレイザーラモンHGがインリン様をHG三角締めで失神させフォール勝ちし、「インリン様」は黄泉の国に旅立った。

それから暫く姿を消していたインリン様は、「ハッスル・ハウス クリスマススペシャル 涙のラストM字ビターン」(2005年12月25日 後楽園ホール)にて「この世界で使えるM字パワーが底をついた」と引退を宣言、ロープにムチを掛けると『さよならの向こう側』に乗せて山口百恵のようにリングを去っていった。なお、この大会でインリン様が最後の力を振り絞って産み落とした卵であるイン卵様から孵化した生命体が、日本のプロレス界を根こそぎ壊滅させるだろうと高田総統は断言した。

格闘家としてのインリンは「インリン様」というキャラクターを演じきり、なおかつ出場した3試合全てで大会のメインイベントを務めたかと思えば、同時にM字開脚によって「暇で(異性に)もてない」格闘技ファンを洗脳するという、WWEに於けるディーヴァの役割を担っていたと言える。(ちなみに彼女がリングサイドで他の試合を優雅な椅子に座り観戦する事を「インリン様がご覧になる試合」、略してイン覧試合という。)そのキャラクターの徹底ぶりや、屈強な格闘家を向こうに回しての大立ち回りという話題性、そして僅か一年という短い期間で電撃的な引退という印象的な活動をして、単なる色物としてではなく、れっきとした格闘家「インリン様」として高く評価する格闘技ファンも少なくない。

東京スポーツ新聞社主催「2005年度プロレス大賞」にて「プロレス話題賞」受賞。


ニューリン様
その後、興行や会見で披露される度に鶏卵大~1メートル超にまで成長を続けたイン卵様だが(通常、卵が産み落とされてから大きくなる事はない)、ハッスル16のメインイベントにおいて孵化、インリンはイン卵様から生まれたニューリン様としてハッスルのリングに再登場。生後5分強?にして母の敵であるHGから勝利を奪った。またこの試合は自身初のシングルマッチであり、鋭いミドルキックを放ったり器用に丸め込んだりと、より戦闘的で凶暴なキャラクターに生まれ変わったという設定を表現するためにトレーニングを積んできた様子がうかがえる。

ニューリン様は母であるインリン様と比較して粗暴なキャラクターという設定であり、より攻撃的なファイトスタイルや下品な言葉遣いが特徴。コスチュームもピンヒールから動きやすいブーツに、また卵生であるが故、鳥類の羽をモチーフにした意匠が伺える。しかし粗暴なキャラは対外アピール向きではないとの判断からか、記者会見やイベント等には母であるインリン様が登場する場合が多い。

なおニューリン様はイン卵様の中に居た頃に、外部から何らかの衝撃を受けた影響で額に傷を負っており、その傷を隠すために顔半分を覆うマスクを着用している。その傷はモンスター軍が勝利する度に癒えていくという設定である。

ハッスル18(7月9日 パシフィコ横浜 国立大ホール)のメインイベントで高田総統に反旗を翻しモンスター軍を離脱。その原因は、額の傷が高田総統によるものだと知ったためである。その後ハッスル・ハウスvol.17(7月11日 後楽園ホール)でHGの呼び掛けに応えてハッスル軍に入団、ハッスルポーズとM字開脚を披露した。

ハッスル・マニア2006では、6人タッグマッチでカイヤを撃破するも、高田総統の化身ザ・エスペランサーのレーザービターンを受け右胸が爆発、意識不明の重体のうえ乳輪を失ってしまった。


再びインリン様
2007年2月16日に都内で行われたハッスルの記者会見において、突如インリン様が復活。この直前に高田総統がハッスルを買収したことから、インリン様は「総統がハッスルを支配する以上、私がお手伝いするのは当然」と語り、3月に行われる『ハッスル・ハウス22』(3月15日、後楽園ホール)及び『ハッスル21』(3月18日、愛知県体育館)への参戦を発表した。なおインリン様によれば、ニューリン様は現在あるところに監禁されており「心変わりするまで外には出さない」という。

【続きを読む】
[ 2007/02/24 11:33 ] 1分台 | TB(0) | CM(1)
平井理央アナ トイレ盗撮されちゃった!
[ 2007/02/24 11:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。