FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本一バストの大きい高校生(特ホウ王国) 体操着・ビキニで揺れまくり 



投稿!特ホウ王国 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
投稿!特ホウ王国(とうこうとくほうおうこく)は、1994年5月1日から1997年9月21日までの毎週日曜日19:00~19:57に日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組である。1997年1月からは、『1億3000万人の投稿!特ホウ王国2』として、リニューアルされた。また、放送終了後の2001年1月に復活スペシャルが放送された。

番組概要
ウッチャンナンチャンが編集局長となり、視聴者から投稿されたおもしろ仰天スクープを内村班と南原班に分けて報道形式で紹介する。司会は笑福亭鶴瓶と河野景子(現:貴乃花親方夫人)。ちなみに貴乃花自身が番組にゲスト出演したこともあり、スクープが紹介された時に観客と同時に驚いていた。河野の結婚後は1995年5月にリサ・ステッグマイヤーに交代。メインスポンサーは大塚製薬(前半30分)、日立グループ(後半30分)のそれぞれ一社提供となっているが、特番の場合は、併用される。番組の最後には「日立の樹」のCMが放映されていた。また、各スクープで証拠を見せるために空き缶を用いる場合は、大塚製薬製品(ポカリスエットなど)が使われた。
投稿された特ダネの現場には「特派員」(日本テレビや系列局のアナウンサー、タレントの橋本志穂)などが出向き、レポートを行う。特に「後藤です」で一世を風靡した日本テレビの後藤俊哉アナウンサー(当時)が有名に。時にはウッチャンナンチャンや鶴瓶自身がレポートに出向くこともあった。鶴瓶が特派員として出向く際は本名の「駿河学(するがまなぶ)」で登場していた。
この番組で紹介されたスクープは、普通の人では真似できない信じられない技を持つ人や都会では絶対に見られない珍しい現象、スポットなどのスクープが多く、中には視聴者の想像の限界を超えるものや度肝を抜かせるものも目立った。
しかし、ガセネタや鶴瓶から「くだらない」、「つまらない」などと言われるスクープもいくつか紹介された事があり(例:『鉄棒するブタ』というスクープで検証をしたが、それは『ブタ』と呼ばれていただけの人間の男性だった、等)、それらのガセネタのスクープには「おしおきエンマ君」という人形を投稿者に送り付けた上に、編集局長のギャラから10万円を没収するというルールがあった。このケースは過去に10回あった。

内村班・南原班の対決
毎回内村班、南原班それぞれ6~7本のスクープを紹介し、それを芸能人審査員5人が一人持ち点10点、計50点満点で審査する。審査委員長は過去に高島忠夫やジャイアント馬場らが務めていた。また、1994年秋には自分の番組以外に出演しないことを明石家さんまに指摘されたタモリが出演し(させられ?)、審査委員長を務めたこともあった。タモリは「今夜は最高!」終了以来、日本テレビの番組に出演することは滅多になく、かなり希少なことであった。

各賞と特典
審査員の審査により、毎週ベストスクープ賞を含むベスト5が決定され、入賞したスクープの提供者には下記の賞金が贈られる。また、そのスクープを紹介した班にもポイントが入る。
ベストスクープ賞
スクープ提供者に賞金50万円
紹介した班に50ポイント
第2位
スクープ提供者に賞金30万円
紹介した班に30ポイント
第3位
スクープ提供者に賞金20万円
紹介した班に20ポイント
第4位
スクープ提供者に賞金10万円
紹介した班に10ポイント
第5位
スクープ提供者に賞金5万円
紹介した班に5ポイント
前述の「おしおきエンマ君」が出たネタを紹介した班については、1個に付きマイナス10ポイントとなる(第2位まで紹介した後に精算する)。
発表の方法は第5位~第3位を河野(リサ)が、第2位を鶴瓶が、第1位を審査員長(概ね高島忠夫が担当)が口頭で発表する。
開始から5ヶ月間はベストスクープ賞に30万円、以下15万円・7万円・5万円・3万円(1つの順位が1ネタだと満点が60ポイント)となっており、1994年10月のレギュラー放送から賞金額が増大された(1つの順位が1ネタだと満点が115ポイント)。
内村班と南原班は、自分達のスクープが選ばれるごとに与えられたポイントで毎週対決し、ポイントの多かった班がその週の勝者。そして勝負はステージ制となっており、先に10勝を達成すると豪華賞品がプレゼントされ、次のステージに進む事になる。
番組後半では「投稿写真一発スペシャル」(当初は「スクープ番外編」の名称だった)という、視聴者から寄せられた面白い写真を大型モニターで紹介するコーナーがあった。しかし、ある回で紹介された写真(電車のドア窓部分に広告がかぶさり、動物の目のように見えるというもの)が「雑誌からのパクリ」という指摘が視聴者から大量に寄せられ、終了となった。
なお、2時間スペシャルの際は賞金並びにポイントもレギュラー放送のときよりアップしており、“ベストスクープ大賞”に100万円、以下50万円・30万円・20万円・10万円(1つの順位が1ネタだと満点が210ポイント)となった。このルールは1994年の年末からだが、1994年の秋のみ各部門の中から一番支持されたスクープに「ベストスクープ大賞」の権利となるスクープとなり、投稿した記者・編集局長に「ニッコリ鶴瓶くん」1体が贈られ、エンディングでは「ニッコリ鶴瓶くん」を獲得したスクープから「ベストスクープ大賞」を1つ選出した。また、対決に勝った方には番組特製のゴールドトロフィーが贈られていた。
また、レギュラー時・番組末期には50点満点でベストスクープ賞に選ばれると賞金が更に200万円に増えた事もあった。

番組のトピックス
前述したタモリが審査委員長をつとめた回、南原が本番中にトイレに行ってしまうハプニングが発生。ベストスクープ賞の発表の際、タモリはこれを「今週の『ベストスクープ賞』は、ウンコをした南原」とネタにした。
1997年以降はネタ切れのためか視聴者投稿路線を縮小し、「手力男」栗間太澄と「無謀な挑戦」伊東万寿男の対決シリーズで人気となった(このシリーズも放送上は栗間・伊東両氏からの投稿ということになっていた。また、このシリーズも審査対象となっていた)。また、当時中学生だったWhiteberry(当時のグループ名はストロベリー・キッズ、2004年解散)が1997年6月29日の放送で紹介され、のちにメジャーデビューを果たした。その縁もあり2001年の復活スペシャルで審査員ゲストとして出演していた。
この番組は初回視聴率は11%台だったものの、その後半年程で視聴率20%を超える人気番組となり、テレビ朝日の「象印クイズ ヒントでピント」を打ち切りに追い込んだ。最高視聴率は1995年3月19日に記録した30.0%である。しかし、野球シーズン中の番組の放送が月に1回ないし2回程度であったことや、後期には「さんまのSUPERからくりTV」、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」などの裏番組が出現したことにより、視聴率が低迷した。番組のマンネリ化やネタ切れもまた、視聴率低下の一因だと指摘されている。
ほぼ同趣旨の番組に「週刊!特ダ~ネ家族!!」(同局系)があり、鶴瓶が司会していた。

批判
本番組放送開始以前に放送されていたTBS系列「ビッグモーニング」内のコーナー「噂のなんじゃもんじゃ」が本番組とまったく同じ趣旨であったため、この企画の盗作だと指摘されている。また、「探偵!ナイトスクープ」など、ローカル番組や他番組で取り上げられたネタの剽窃やパクリ、ダブりが多かったことはよく指摘されている。
日曜19時台という時間帯にも拘らず、エロネタも多数放送されていた。しかし視聴者だけでなく、スポンサーからもクレームがついたため、放送内容を改変せざるを得なくなった。

巨乳×爆乳8時間100連発!!2巨乳×爆乳8時間100連発!!2
北川美果/桜井彩美/早川桃華/前田優香/冴木麗美/真崎あむ/安原真美/星川ヒカル/加山なつこ/夏木メロン/姫川麗/高梨美緒/奥田唯/七海奈見/葉月まなか/佐々木希/青山遥/真咲菜々/松坂樹里/早瀬まなみ/小川音子/星ありす/桜木心愛/仲井美帆/相田すみれ/望月なな/沢口みき/木下まお/明乃夕奈/斉藤りの/高橋みゆき/沢田なつき/杉本彩子/萩原未央/海老原しのぶ/RIRIKO/松田友美/他

巨乳女狩り 8時間100連発!! THE巨乳女子高生×THE4時間[平均92.9cmの10人の小悪魔] THE巨乳女教師×THE4時間 [平均92.8cmのボイン先生] 巨乳50個8時間フルオープン2枚組 1980 THE巨乳家庭教師×THE4時間 [平均91.2cmの10人のボイン家庭教師]

by G-Tools


巨乳 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
巨乳(きょにゅう)とは、女性の巨大な乳房(胸)をいい、転じて乳房(胸)の大きい女性の事を表す事である。1989年頃より良く使われるようになった。(風俗:俗語)

概要
巨乳は俗語である事から、乳房の大きさにおける尺度は使用者によってまちまちであり、基準を規定する事は困難である。以前は D カップでも巨乳と呼ぶ場合もあったが、胸の豊かな女性が比較的に増えてきた背景もあって[要出典]、現在のところ、一般的に E カップ(トップバストとアンダーバストの差が 20 cm ほど)以上の乳房(胸)をさす事が多いとされる。

類語として、極端に大きい乳房(一般に G カップ以上)を爆乳(ばくにゅう)、形の美しいものを美乳(びにゅう)と呼び、逆にAカップやそれ未満の乳房を貧乳(ひんにゅう)や微乳(びにゅう)と呼ぶ場合がある。

巨乳を始めとしたそれぞれの乳房の大きさの表現において、一定数の支持層が存在する。特に巨乳の支持層は非常に多いとされ、特にアダルトビデオやグラビアの分野では一大ジャンルとしての位置を確立している。又、フェティシズムの一分野としても知名度は高く、「巨乳フェチ」などという呼称で呼ばれている。

巨乳という言葉自体は乳房の大きさに係る表現であるため、巨乳と呼ばれる乳房を持つ女性の身体全体について問われる事は少ないが、現在では大まかな傾向として、スレンダーな肉体に巨乳、という傾向と、肥満体型の女性に巨乳、という傾向の 2 つが見て取れる。当初は前者の傾向が強く、後者は性産業の多様化、細分化などを要因として新たに台頭していった。

なお、シリコーンで作られたラブドール(ダッチワイフ)の多くは、未だにスレンダーな肉体に豊満な乳房という造形が続いており、前者の傾向を色濃く残している。シリコーンのブレンドや多層構造にする事により人間ほどではないが柔らかな触り心地になっている。


巨乳にする方法
乳房を巨乳と呼ばれる程度まで大きくするには、豊胸手術による方法、ブラジャーなどの下着による矯正などがあるが、豊胸手術を受けなくても、食生活の改善(タンパク質・ビタミンA・チアミン・リボフラビン・ビタミンE を多く含む食材を摂取)や乳房のマッサージ、大胸筋の筋トレ、女性ホルモンを活性化させる薬品(アメリカでは、胸以外の脂肪を胸に集めて巨乳にする薬もある。)等で乳房が大きくなる事がある。特に第二次性徴期(乳房の発達期)にこれを行うと効果が大きいが、第一次性徴期や閉経後は女性ホルモンの分泌が少ないため、効果が現れにくい。 牛乳をよく飲むと大きくなるという説は、タンパク質を多く摂取することで体全体の成長はに繋がるものの、乳房の成長に特別な効果は無いため、迷信に等しい。


来歴
女性の豊かな乳房の魅力を発見したのは、20世紀の米国である(加藤周一)。

「巨乳」という言葉が登場するまでは、同様な乳房の大きさを示す言葉として「ボイン」、「デカパイ」という言葉が使われていた。1960年代前半頃より成人向け雑誌にてその表現が散見されていたが、一般に広く知られるようになったのは、1967年に大橋巨泉がテレビ番組「11PM」にて、朝丘雪路の乳房の大きさをボインと表現し、転じて朝丘をボインちゃんというあだ名で呼び始めたのがきっかけである。「ボイン」は「ヒッピー」などと共にその年の流行語となった。また、1969年に月亭可朝が「嘆きのボイン」を発表しヒットしたこともあり、ボインという呼称が定着した。ボインは 1970年代には小島功の『ヒゲとボイン』のように漫画のタイトルにもなり、1980年代に入っても人気アニメ『まいっちんぐマチコ先生』で「ボインタッチ」の語が使われた。しかし、巨乳という言葉の登場と普及に伴って急速に廃れ、2007年現在ではほぼ死語となっている。

また、巨乳を形容するのに、「ロケットバスト(乳)」や「ミサイルバスト」という表現もあった。

『巨乳』という言葉は、1985年6月に日本で劇場公開されたアメリカの成人映画"Raw Talent"(1984年製作、監督ラリー・レヴィーン)の邦題「マシュマロ・ウェーブ/巨乳」に使われたのが一般に向けての最初の使用例であると見られる。1985年12月には、ラス・メイヤー監督作の"Beneath The Valley of The Ultra-Vixens"(1979年製作)が「ウルトラ・ビクセン/大巨乳たち」の邦題で公開された(後に「ウルトラ・ヴィクセン」に改題)。

しかし日本においては当時、豊満なバストを持つ女優やAV女優に対して「Dカップ」「Eカップ」といったカップサイズによる呼称が好んで用いられていたこともあり、「巨乳」という言葉はなかなか定着しなかった。日本製作の映像作品のタイトルにおける初期の使用例としては、1986年4月に発売されたアダルトビデオ『SM巨乳奴隷』(STUDIO 418、主演:吉沢まどか)や、1986年8月に成人映画・アダルトビデオとして同時公開された『巨乳』(新東宝、監督:細山智明、主演:菊池えり)などがある。

その後1987年に入ると、黒沢ひとみ、速水舞、北村美加などといった女優、AV女優の出演作で「巨乳」を含むタイトルが増加し、夕刊紙などの大衆メディアにおいても「巨乳」という言葉が次第に用いられるようになった。1987年7月10日付の読売新聞朝刊は、女性解放団体「行動する女たちの会」がシンポジウムで、「巨乳」などの性的用語が氾濫する夕刊紙を糾弾した、とする内容の記事を掲載している。

「巨乳」という言葉がより一般レベルで定着したのは、AV女優の松坂季実子(1989年2月デビュー)の登場によるところが大きい。発売元のダイヤモンド映像が毎月1日を「巨乳の日」と名づけて出演作をリリースし、これが爆発的なヒットとなったのに加え、松坂自身がテレビのバラエティ番組や雑誌などの一般向けメディアにも数多く出演したことで、「巨乳」への認知度が飛躍的に高まった。

またこの時期、ダイヤモンド映像系列のパワースポーツでプロデュースを担当していたイエローキャブ社長(当時)の野田義治も、バストの大きい人材が揃った自社のタレントを表現する際に「巨乳」という言葉を多用し、「巨乳タレント」という呼称の浸透に一役買う形となった。

なお、この巨乳ブームの仕掛け人として、芸能評論家(元 FLASH 誌記者)の比留間正明や、元ダイヤモンド映像プロデューサーの本橋信宏の名が挙げられるが、一部で流布されている彼らが「巨乳」という言葉を『最初に』使い始めたとする説は、誤りである。

1989年には少年向け漫画雑誌でも「巨乳」のタイトルを冠する漫画の連載が始まっており(安永航一郎『巨乳ハンター』、週刊少年サンデー)、この時点で「巨乳」は多くの世代において一般的に使用される言葉になっていたと言うことができよう。

インターネットにおける巨乳を主題としたサイトとしては、工藤隆男によって1995年3月に開設されたTokyo Topless が先駆的な事例の一つであり、2007年現在も画像などの公開を続けている。


問題点
バストサイズ自体の正確な計測は難しい(ブラジャーの項を参照)。それは一日の時間帯や時季、計測時点の呼吸の仕方でも変化するためである。又本人の意識の仕方によっても影響される。例えば、「大きく見せたい」女性は必然的に大きく見せようとし、大きいことにコンプレックスを感じている女性は過少に見せようとする。
ことさらに乳房のサイズだけを話題に取り上げるのは男性の極めて主観的な嗜好に過ぎず、批判も多い。
実際、巨乳の女性では「肩こり」に悩む人も多い。但し、巨乳でも肩が凝らない人、貧乳でも肩が凝る人がいる為、巨乳と「肩こり」の因果関係は断言できるものではない。なお、サイズに関係なく着用しているブラジャーのサイズが正しくないときに起き易い。
篠崎愛等の美少女アイドルが巨乳というだけで性的対象とされる等の問題もある。
豊胸手術に使用されるシリコンバッグは、経年変化に拠って破裂や内容物の漏出の危険がある。ブームの際に恋人を喜ばせようと豊胸手術を受けた女性が、近年になってバッグ破損で夫婦生活に支障をきたしたり、健康被害を受けたりしているケースが出てきている。
シリコンジェルはレントゲン撮影の際には影となり支障を来す上、発癌性も指摘されているため、日本では豊胸手術に生理食塩水パック又は自分の余分な脂肪を注入する方法が普及している。
生活上自らが関わることのない男性は、総じてカップサイズではなくトップ値で乳房の大きい・小さいを判断する傾向にある。一般に、標準的なサイズに対して90cmを巨乳の基準、80cmを貧乳の基準に位置づけやすい。このため、ギャルゲー(アダルトゲーム)等、男性が女性キャラクターを創作した場合、実際にはその他の部分で体格を標準的、または理想的とした場合、体格上無理のある「巨乳」「貧乳」がかなり存在する。
例:身長174cm、トップ値92cm、ウェスト59cm(そもそもこのウェスト値もかなり無理がある。この身長なら64~68cm程度が普通である)。作品中では際立って大きいように表現されているが、平均値計算では75C程度。

【続きを読む】
[ 2007/02/27 16:48 ] 1分台 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。