FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「SHOW by ショーバイ」 いくらで乳をカラーコピーさせてもらえますか?【お宝TV映像】 



クイズ世界はSHOW by ショーバイ!! 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』(クイズせかいはショーバイショーバイ!!)は日本テレビで1988年10月12日から1996年9月25日の8年間放送されていたクイズ番組・バラエティ番組。毎週水曜日の20:00~20:54に放送された。その後、番組タイトルが1994年10月19日の放送から『新装開店!SHOW by ショーバイ!!』(しんそうかいてん!ショーバイショーバイ!!)、1995年10月18日の放送から『新装開店!SHOW by ショーバイ2』(しんそうかいてん!ショーバイショーバイツー)と改められた。通称は「SHOW by ショーバイ!!」または「ショーバイ!!」。日本テレビバラエティチームの「日本テレビクイズプロジェクト」第一弾番組でもあるが、クイズプロジェクト自体はあまり知られていない。

番組概要
この番組のテーマは「商売」である。世界の様々な職業や商売を取材・紹介しながら、その中の物事に関するクイズが出題された。日本における海外情報クイズ番組としてはフジテレビ系『なるほど!ザ・ワールド』がその先駆だが、この番組は世界の情報紹介にクイズのゲーム性を加味し、番組の要素とした。番組タイトルの意味は、初代司会者の逸見政孝によると「世界は商売によるショー(SHOW)である」ということを示し、この番組の制作姿勢を表すものである。

本番組では番組自体を店とみなし、司会の逸見政孝が「店長」(逸見没後の1994年3月16日の放送からは福澤朗、ちなみに福澤の愛称は「若旦那」)、渡辺正行が「大番頭」、得点を「ショーバイマネー」、トップ賞を「売上No.1」と呼称する。得点は「売上金」と見立てて「萬」(=万円)という単位が使われた。

番組内で使用されるBGMでは筆記問題のシンキングタイムに入る際、CHINA CRISISが唄う「Hanna Hanna」の曲の一部が使用された。また、場面の切り替わりや4択クイズの解答説明の際、日本ファルコム制作のコンピューターRPG、Ysの効果音も使用されていた。


番組内の有名な台詞
さぁ、みんなで考えようー!
クイズ出題後、シンキングタイムへ入る際の掛け声。
ミリオーンスロット!
ミリオンスロットを回す際の掛け声。
何を作ってるんでしょーか!
早押しクイズ「何を作っているのでしょうか?」の問題VTRをスタートする際の掛け声。

司会者

レギュラー司会
逸見政孝(初代店長/いっつみい(It's Me)/1988年10月12日~1993年9月8日)
渡辺正行(大番頭/ナベどん/1988年10月12日~1996年9月25日)
福澤朗(2代目店長/若旦那/1994年3月16日~1996年9月25日)
久本雅美(看板娘/1995年1月18日~1996年9月25日)

代理司会
逸見政孝の癌による降板から福澤朗の2代目店長就任まで(1993年9月22日~1994年3月9日)の期間に「店長代理」として司会を務めたタレント(福澤は当時日本テレビアナウンサー)である。

島田紳助(1993年9月29日、12月1日、12月15日、1994年1月19日、2月2日、3月2日の通算6回)
福澤朗(1994年2月9日、2月16日、2月23日、3月9日の通算4回。後に2代目店長に就任)
板東英二(1993年10月20日、1994年1月12日の通算2回)
古舘伊知郎(1993年10月27日、1994年1月26日の通算2回)
山城新伍(1993年9月22日、12月22日の通算2回※)
高田純次(1993年11月3日の通算1回)
ジャイアント馬場(1993年12月15日の通算1回※)
蛭子能収(1993年12月22日の通算1回※)
※馬場、蛭子は第1問、第2問のみ。
※山城は逸見が体調不良(1度目の癌の摘出手術)による短期入院のため出演しなかった1993年2月24日の放送でも代理司会を務めた。

番組のあゆみ

番組開始と視聴率の推移
初代メイン司会者は「いっつみい」(It's Me)こと元フジテレビアナウンサーの逸見政孝(通称:「店長」)と「ナベどん」こと渡辺正行(通称:「大番頭」)の2人。

逸見は番組が開始されたこの年(1988年)の4月にフジテレビを退職しており、フリー転職後初の他局でのレギュラー番組だったが、この番組で開花したキャラクターから番組と共に一躍人気者となった。渡辺は番組終了まで全ての放送に出演、逸見や福澤朗(当時日本テレビアナウンサー)、久本雅美とコンビを組んだ。逸見店長時代の1989年12月20日の放送で、1度だけ当時のレギュラー解答者であった野沢直子と解答者・司会を入れかわったことがあった。

番組では週ごとに「○○の商売」(「刺激がある商売」や「ひやひやの商売」など。ちなみに1988年10月12日の第1回放送のテーマは「世界のタクシードライバー」)というテーマが設定され、日本及び日本以外の2・3ヶ国からそのテーマの商売に関するクイズが出題された。

また、番組開始当初は裏番組に「わくわく動物ランド」(TBS)があり視聴率的には苦戦したが(しかも、第2回放送であった1988年10月19日の裏番組には、あのパ・リーグ優勝決定戦「10.19」が放送されていた)、1桁台であった視聴率も回を重ねるごとに向上していき、番組開始から2年が経過した1990年の冬には視聴率20%を割る回のほうが少なくなるにまで成長。1991年~1992年頃は常に高視聴率をキープし、名実共に日本テレビの看板クイズ番組となった(逆に「わくわく動物ランド」はこれに影響されて企画変更を余儀なくされたが、結果としては失敗し、1992年3月に9年間の歴史に幕を降ろすことになった)。

特に、1991年には年間平均視聴率が21.2%に達し、バラエティ・音楽番組部門の平均視聴率ベスト10で堂々の第1位に輝いた。ちなみに、最高視聴率は同年4月24日の放送の際に記録した26.9%。この回は、山瀬まみが野沢直子に代わる新レギュラー解答者となった最初の回でもある。


逸見政孝の逝去とその後
1993年9月8日の放送を最後に逸見が癌の闘病生活に入ったため、同年9月22日から12月22日までの間、店長代理として特番で逸見と共に司会を務めたこともある山城新伍のほか、島田紳助、福澤朗(後に2代目店長に就任)、板東英二、古舘伊知郎、そして解答者として出演していた高田純次、ジャイアント馬場、蛭子能収が代理司会を務めた(代理司会の回数が一番多かったのは島田紳助で6回。高視聴率であったのも島田紳助の回であった)。 しかし、同年12月25日、早期復帰が願われていた逸見が逝去。その4日後の12月29日に放送された『クイズ年末はSHOW by ショーバイ!!』の冒頭で渡辺と山城が追悼コメントを述べた。年が明けて1994年1月5日、逸見政孝追悼番組と題して放送した『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!逸見さんに捧げる逸見さんスペシャル』を経て、その後3月9日の放送まで代理司会でつなぎ、3月16日放送の『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!新装開店スペシャル』から2代目司会者に「若旦那」こと福澤が就任して逸見の後を受け継いだ。また、この回からセットもリニューアルされた。

1994年10月19日の放送からは、番組名が『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』から『新装開店!SHOW by ショーバイ!!』に改められた(しかしミリオンスロットに表示されている番組ロゴは「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」のままだったことに加え、1995年春のミリオンスロットがあった最後のスーパークイズスペシャルでも1軍パネラー席にあるモニター画面の表示が「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」のままだった)。これにより、番組開始当初から行っていたクイズの主題となる「今週のテーマ」ならびに「取材国」が廃止された。また、ミリオンスロットを使わないクイズが徐々に増え始めた。翌1995年1月18日の放送からは「看板娘」こと久本雅美が司会者に加入、司会陣は3人となる。この頃から番組の本来のテーマであったはずの「世界の商売」からかけ離れたクイズやゲームが増えはじめ、裏番組の『ためしてガッテン』(NHK総合、現在も継続中)、時代劇枠(フジテレビ、現在は終了)、『クイズ悪魔のささやき』(TBS、現在は終了)、『水曜特バン!』(テレビ朝日、現在は終了)、『いい旅・夢気分』(テレビ東京、現在も継続中)におされてしまい、視聴率も次第に下降していった(一説には番組のテーマを「商売」から「笑売」に変えたという説もある)。福澤が正式に司会に就任してから約1年半の間、毎回必ずどこかルールが変わるという迷走を続け、逸見時代後期の安定した番組からはほど遠いものとなった。1995年10月18日の放送からは、番組名を再び改名し『新装開店!SHOW by ショーバイ!!』から『新装開店!SHOW by ショーバイ2』となり、番組開始当初からの名物であり、番組の代名詞ともいえるミリオンスロットも廃止された。それ以降は、体を使ったクイズ(ダッシュ早押しクイズやフリフリ早押しクイズ等)が登場し、腰痛持ちで五十肩の山城や俊敏な動きが苦手なジャイアント馬場などが参加し辛い内容となったため、番組開始当初から出演していた2人が降板するなど、番組本来のコンセプトが次第に失われていった。視聴率の低迷も続いた結果、1996年9月25日の放送で8年間にわたる番組の歴史に幕を閉じた。

なお、番組タイトルロゴの上下部分のキャラクター(「ミリオンスロット」の5萬と50萬の出目)は番組終了後も1999年秋の『スーパークイズスペシャル』まで使われていた。

2001年12月29日に放送された『スーパースペシャル2001・20世紀のクイズ名場面そして今夜だけ大復活・マジカル頭脳パワー!!21世紀芸能界No.1頭脳決定戦スペシャル』内で、「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」をはじめとする日本テレビのクイズ番組の名場面が放送された。

初めての素人おっぱいコピー(5)美少女のバストを高性能カラーコピー機でコピーしちゃいました!!青山で見かけた上品なお嬢さん編

【続きを読む】
[ 2007/02/27 23:50 ] 30~59秒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。