FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

くりぃむナントカ 第3回アシスタント対決 大木vs前田 



大木優紀 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大木優紀(おおき ゆうき、1980年12月12日 - )は、テレビ朝日の女性アナウンサー。千葉県浦安市出身。東洋英和女学院高等部、慶應義塾大学経済学部卒業。

特徴
アシスタントを務める『くりぃむナントカ』で大木ちゃんや委員長と呼ばれて親しまれる。収録中に酒を飲んだり、店での収録の際は勝手に注文したりと、その自由なアシスタントぶりで番組を盛り上げている。ただ『題名のない音楽会21』の収録を優先し『くりぃむ~』の収録を欠席する事は定番となっている。 
アナウンサーとしての技術は、料理実況は不得意(2006年10月23日放映の『くりぃむ~』では代理出演の前田有紀が料理実況を上手にこなしたため、出演者から「前田アナのほうが大木ちゃんよりいいね」と言われてしまった)の様だが、ニュース番組では落ち着いた原稿読みが定評を得ている。 
同期の市川寛子、前田有紀 がアイドルアナウンサーとして扱われるのに対し、大木は週刊誌などの「好きなアナウンサーランキング」で圏外になっていることを『くりぃむ~』でネタ(前田有紀アナと共に「大木優紀vs前田有紀 高島・中野くらい盛り上がれ!女子アナ対決!」という企画が出来た程。ちなみに、この対決は、前田有紀の勝利で終わったのだが、グダグダの対決のため、引分と判定された。視聴率も9.9%とふるわなかった。)にされている。また、好感度アップの為として行われた「番組降板ドッキリ」で大号泣、さらに悪人役の上田を気遣うなどし、かなりの熱狂的ファンを獲得した。「好きなアナ~」にランクインする事は無いが、実は他のアナウンサーにはない根強い人気があり、同期がアイドルアナならば、大木は”裏人気アナウンサー”と言えるだろう。
お笑い芸人のビビる大木は「はとこ」にあたる(大木アナの父親とビビる大木の父親がいとこ同士)。『くりぃむ~』では、ビビる大木と番組で共演している。12月25日に放送された『美しき青木・ド・ナウスペシャル』ではそのビビる大木と2人でMCを担当した。
視力が悪いため、コンタクトレンズを使用している。
テレビ朝日アナウンサー部のホームページ「アナウンサーズ」の動画コンテンツ『激撮!となりのアナウンサー』では前田有紀と一年先輩の松尾由美子の3人で担当している。テレビでは見れないプライベートな一面も見ることができる。
くりぃむナントカの収録は楽しいらしい。番組ホームページには大木アナの日記「大木ちゃん日記」が載っている。ロケの裏話や、自身のエピソードなど、文章能力が高く、読み物としてかなり面白いと評判になっている。
歌うことは好きで、中学時代にミュージカル部に所属していた。しかし、歌唱力はお世辞にも高いとは言い難く(本人は「大木ちゃん日記」で音痴と自称しており、ミュージカル部時代は照明係であったことを明かしている)、くりぃむナントカの2006年10月9日放映回(長渕剛ファン王決定戦)で「アナ渕剛」として登場、歌声を披露したが、出場者を失笑させるものであった。くりぃむしちゅーの有田哲平からは「下手だとは聞いていたが、予想以上のド下手。」と評された。
スキーが非常に上手く、大学時代小学生のスキー合宿のインストラクターをしていた。(大学卒業まで毎シーズン)
学生時代のゴルフ経験を買われて、スポーツでは森下桂吉、進藤潤耶両アナと共にゴルフ中継を担当することが多く(主にレポーター)、ゴルフ絡みで海外出張することもある(この時も「くりぃむ~」を欠席する)。
しかし小学生の頃も運動が得意だったが、運動会の徒競走でビリになってしまったのを皮切りに、一気に運動への興味がなくなったこともある。
幼稚園の頃水泳もやっていたが、クロールと背泳ぎを交互に行う「ローリングクロール」という謎の泳法も習っていたこともある。
元カリスマモデルの梨花と元光GENJIの諸星和己のファンで、初共演の時は興奮していたが、梨花の下ネタなど過激な発言を伴うタレント活動には「(カリスマモデル時代の)イメージが崩れる」とショックを受けているようだ。
実はアルバイトが大好きで学生時代はさまざまなバイトを経験したと求人誌のインタビューで語っている。高校2年の時、友達と制服がかわいいイタリアン料理のファミリーレストランでウェイトレスのアルバイトをしたのが始まりで、大学に入ってからは派遣でコンサートの警備、美容室の受付兼マッサージ、家庭教師、学習塾の先生、小学生対象の合宿の引率やスキー教室のインストラクター、デパートのアパレルショップの店員、クレジットカードの申し込みの受付、ホテルの配膳係、大学の教授の手伝いでアンケートの集計、よその大学のキャンパスへ行って大学生に声をかけて家庭教師の登録をしてもらうための勧誘、テーマパークなど。ちょっと変わったことがしたいという気持ちがあり、仕事内容にこだわってクセのありそうなアルバイトを探していた。子供が大好きで、何かを教えたりする子供相手の仕事も必ずチェックしていた。
「プーちゃん」というクマのぬいぐるみを生まれた時から愛用している。そのせいか左耳が焦げて、穴が開いている。幼い頃はこれが無いと寝られなかったらしい(今でも枕元にある)。さらに、少し臭いらしく、番組『くりぃむナントカ』中の企画で同期の前田有紀と対決した際、前田に「汚い熊のぬいぐるみがないと眠れないくせに気持ち悪い」と言われた。さらにキャベツの千切り対決の際には「プーちゃん千切りにしてろ」と言われ「なんでプーちゃん千切りにしなきゃいけないの!」と激怒し、「お前にプーちゃんぐらい信頼できる熊さんがいるのか!」と反論した。

リチャードホール 4.5 大感謝SSP (スペシャル・サービス・パッケージ)
リチャードホール 4.5 大感謝SSP (スペシャル・サービス・パッケージ)TVバラエティ くりぃむしちゅー 中川家

おすすめ平均
stars4.5が有ったとは不覚
stars番組ファン必見。中途半端なサービス価格には疑問…
stars特典映像が面白いよ
starsお買い得

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前田有紀 (アナウンサー) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
前田 有紀(まえだ ゆき、1981年1月17日 - )はテレビ朝日のアナウンサー。神奈川県出身。血液型はB型。田園調布雙葉高等学校、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2003年4月に入社。

人物
慶應義塾大学時、ラクロス部に所属。ラクロス部の先輩だったのが、同じテレビ朝日所属の河野明子。そのせいで今でも河野には頭が上がらないらしい。 入社6日後に即サッカー情報番組「やべっちFC」の進行アシスタントとしてデビューした。また、最近は番組前の番宣や始まり直後にメインMCの矢部浩之に何かとネタにされることが多い。

姉はテレビ東京記者の前田有花。大木優紀によると、その姉には気を使って頭が上がらないらしい。

2005年6月の「銭形金太郎」、同年7月の「いま得!」(録画番組)出演開始により、翌春まで、関東に限れば毎日テレビに顔を出すようになり、全国ネットでも月·火曜以外は顔を出していた(木~土曜は早朝のうえ出演時間も短かったが)。

テレビ朝日アナウンス部のホームページ「アナウンサーズ」の中の動画コンテンツ『激撮!となりのアナウンサー』 を大木優紀と一年先輩の松尾由美子と3人で担当している。テレビでは見られないプライベートな一面も見ることができる。

いわゆる“天然キャラ”である。自由奔放で飾らない人柄が好感を得ている一方、アナウンサーとしての適性には疑問符が付くような事例も散見される。

エピソード
ブラジル代表FWロナウドのインタビューをすることとなり、この時、サッカー解説でおなじみのセルジオ越後氏と初対面した。そこでセルジオ越後から批判の雨を浴びることとなる。さらにインタビューを終えたあと、通訳を請け負ってくれたセルジオ越後に対して「セルジオさん、ポルトガル語うまいんですね。」と言ってしまった。このことは後に「やべっちFC」(2006年6月25日放送)の「ハーイ!やべっち」(コーナー)にセルジオ越後が出演したとき、コーナーの最後でセルジオ越後曰く、「(自分への)凄いホメ言葉」として発言している。なお、このVTRの後、メイン司会矢部浩之に「前田さん、馬鹿ね」といつものようにいじられることとなった。

「三竹占い」に出演した際、アナウンサーとしての適性はないと言われた。また、先輩で共演していた武内絵美からも「(今後が)ちょっと、心配・・・」と言われてしまった。しかし、番組でのミスや知識不足については、共演した際に武内アナから指摘されることがある。新人時代に正月特番で入浴シーンを披露した。

U19日本代表によるAFCアジアユース選手権の新潟県十日町市で行われた直前合宿を取材した時、練習場に向かうタクシーに財布を忘れた。それに気がつかないまま、一日取材を敢行。現地のタクシーの運転手さんが大騒ぎしたので夜には、「財布を忘れたテレビ朝日の前田有紀さん」として十日町中の有名人になった。

2003年に放送された愛のエプロンアナウンサー大会では、武内絵美らと共に料理を披露したが、審査員からは、まずいとの一言。しかも、翌日に放送されたやべっちFCで、矢部浩之が「前田アナって料理下手やねんてねー」といじったことがある。2006年に放送された愛のエプロンでは、ラザニアを作ったが、またも審査員からまずいと言われた。その際、アントニオ猪木に気合の入魂という事でなぜか抱擁された。また「くりぃむナントカ」で大木優紀とキャベツの千切り対決を行った際、上田晋也に「(千切りなのに)きしめんと同じ大きさ」と酷評されてしまった。

うなじの毛が濃くて気にして剃っている。

【続きを読む】
[ 2007/03/01 17:03 ] 3分以上 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。