FC2ブログ

特選お宝YouTube(ユーチューブ・ようつべ)

YouTube,YourFileHostの女優・歌手・アイドル・グラビアタレントなどの放送禁止レベルのお宝映像を独占配信

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

乙葉 露天風呂でおっぱいがはちきれそう 



乙葉 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乙葉(おとは、本名:藤井和代(ふじい かずよ)旧姓:吉田、1981年1月28日 - )は、日本の女性タレントである。

長野県北安曇郡池田町出身。長野県大町高等学校、武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)文学部国文学科卒業。フィットワン所属。

サイズはT157B89W59H85、足23.0cm。血液型はA型。

来歴
誕生したのは東京都田無市(現・西東京市)で、生後3ヶ月の時に池田町に引っ越す。
長野県大町高等学校卒業後、大学進学のために上京。入学から数ヶ月経って、原宿で1人で買い物をしているところをスカウトされ、芸能界入りした。
当初は本名の吉田和代で活動していたが、ほどなく現在の芸名である「乙葉」に改名した。「乙葉」とはまだ大人になっておらず「おとな」の前段階の葉っぱの「おと葉」であるとして、付けられたもの。このため、20歳を過ぎたら「乙菜(おとな)」に再改名する話もあったが、「乙葉」の名前で売れたので結局この改名はなかった。
Fカップのボディーを売りとしてグラビアを中心に活動し、人気を博す(ただし本人は「水着はお仕事の制服です。普段は恥ずかしいから着ません」とコメントしている。高校時代、水泳の授業はいつも見学していたらしい)。
滑舌が悪く(例:「写真集」が「ひゃひんひゅう」に聞こえる)、グラビアの次のステップ(TVの仕事)に進むにはそれが課題であったが、努力により克服。次第にバラエティ番組を中心にTVの仕事が増加し、グラビアの仕事は減少していく。
2002年9月をもってDVDでの水着卒業を宣言したが、ほどなくグラビアでの水着も見られなくなった。
2002年に歌手デビューし、わずか半年の間にアルバム2枚、シングル1枚をリリースした。2003年にはリリースが無かった為、もう音楽活動はないかと思われたが2004年4月14日、レコード会社を移りアルバムをリリースした。
2005年5月7日にタレント藤井隆
ナンダカンダ
ナンダカンダGAKU-MC 藤井隆 浅倉大介


おすすめ平均 star
starゲンキ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

との婚約を発表、5月9日には二人そろって記者会見を行った。7月29日に婚姻届を提出、翌7月30日に都内のホテルで挙式・披露宴を行った。
結婚後は主婦業の傍ら、婦人向けのテレビや雑誌への出演も目立っている。

性格
乙葉は引っ込み思案で争いごとが嫌い、堅実で安定志向、かつのんびり屋という、一般的な芸能人のイメージとは程遠い性格。「芸能界にこんな子がいるとは奇跡だ」とまで言われたことがある。このことを表したエピソードとしては以下のものがある。

幼稚園や学校の先生に「おはようございます」というだけでも勇気が必要だったらしい。
中学校ではテニス部に所属していたが、試合で自分が優勢になったとき、相手がラケットを地面に叩きつけたのを見て、「自分が勝っちゃいけないんだ」と思って半分故意に負けた。
テレビでは良く「理想のタイプは公務員」と発言している(ちなみに乙葉自身も「町役場の受付」「図書館の先生」といった地方公務員になりたかったという)。ゲスト出演した「ごきげんよう」では「(将来の旦那様が)内面的に公務員だったらいいですね」「未来がある人より今がある人」と発言し、司会の小堺一機を苦笑いさせていた。
仕事は50%の力でやっているという。
しかし、この性格が逆に芸能界ではあまりいないタイプとして目立つこととなり、乙葉はグラビアアイドルとして相当の実績を残した。グラビア封印、さらには結婚でさすがに男性からの人気は下がったが、最近は主婦タレントとして女性からの人気が上がってきている。

ちなみに、こういう性格に重ねてアニメ声なので、癒し系アイドルの代表格として名前が挙げられる(ドラマ出演に際してもその殆どが「のんびりとした性格」の役である)。


エピソード
本人は芸能界入りにあまり積極的ではなかったが、早々とグラビアの仕事が決まってしまい、断れなくなったという。当時は大の泣き虫で、ファースト写真集の撮影の時はビキニを着るのが恥ずかしくて泣いてしまったが、その際に「水着にならなくていいアイドルは松たか子
MATSU TAKAKO SINGLE COLLECTION 1999-2005
MATSU TAKAKO SINGLE COLLECTION 1999-2005松たか子 武部聡志 星勝


おすすめ平均 star
starレコード会社製作
star私があなたの松たか子です
star癒やされます。
star松さんの魅力がいっぱい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

だけ」と言われたのは有名な話。
芸能界入りするにあたって、両親に「大学は卒業してくれ」と言われ、実際に留年することなく卒業した。
大の魚嫌いで水族館の魚すら怖がる。
「笑っていいとも!増刊号」で水曜日の放送終了後の未公開トークで、庄司智春が自身のあったか貧乏ファミリーの話をしている時、面白いことを言っていた。
プライベートで親交の深い同年代の芸能人は、吉岡美穂、吹石一恵、伊東美咲、山口もえ、篠原ともえであり、同年代でない芸能人では朝丘雪路と親交が深い。朝丘・山口と3人で食事をする時は、3人ともおっとりとした性格ということもあり、食べ終わるまでに6時間かかることもあるという。
「んふふふふ」という笑い方が特徴であり、上述の「ごきげんよう」では小堺に「モスラの幼虫みたい」と言われた。
格言好き。座右の銘は「出る杭は打たれる」「触らぬ神にたたりなし」など。
長野県に対する郷土愛はかなりのもので、県歌「信濃の国」も全て歌えると言う(2006年2月17日放送の「スタジオパークからこんにちは(NHK)」で一節のみだが披露した)。現在、NTT東日本長野支店のCMで「信濃の国」を歌っている。
中央競馬の競走馬に、明らかに乙葉をモデルにして名づけられたと思われる牝馬「オトハチャン」がいる(2006年始めに引退。通算3勝を挙げた)。
趣味は文章を書くこと。毎月の最終月曜日に、出身地である長野県の地方紙、信濃毎日新聞にコラム「乙葉のオトハチックに」を連載している。高校3年の時には伊藤園の「おーいお茶」の俳句コンテストで入賞したほど(その時の作品は「雪溶けて 開花開始の 桜と私」である)。

【続きを読む】
[ 2007/03/07 06:09 ] 30~59秒 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
人気動画TOP50


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。